白髪染めトリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは子供の若白髪・黒染めに使える|中学生・高校生

利尻ヘアカラートリートメントは「白髪に悩んでいる学生さん」にピッタリの白髪染め用品です。

通常のヘアカラーは1回で真っ黒に染められますが、

  • 髪にダメージを与えるからせっかくのツヤのある黒髪が痛む
  • アレルギー物質や刺激成分が多いから皮膚への影響が心配
  • 開封すると保存できないから小まめに塗れない

このような短所があります。

対して利尻ヘアカラートリートメントは1回では完全には染められませんが、

  • 髪を痛めないから健康的で艶やかな髪を維持できる
  • 刺激成分がほとんど入ってないから中高生などの学生さんでも安心
  • 薬剤を混ぜる必要がないから使いたい分だけ出して小分けに塗れる

普通のヘアカラー・黒染めにあるデメリットが解消された商品になっています。

それに髪を痛めない&刺激がないので、中高生であれば普通に自分で塗れるぐらい手軽なのも嬉しいです。

若い頃の白髪はコンプレックスなので人に見られたり毛染めしてもらうのも嫌なはずなので、お子さんがご自身で塗れる利尻ヘアカラーはとても便利ですよ。

↓こちらの記事が一番よく読まれています↓

【色見本】利尻ヘアカラートリートメントの色選びと使い方口コミ!白髪染めは利尻一択!

髪の乾燥やダメージ・肌荒れやアレルギーが心配なら利尻ヘアカラーがおすすめ

通常の黒染めに使うヘアカラー剤には「ジアミン・アルカリ剤」の2つが入っていて、1回のヘアカラーでしっかり染められるように強い薬剤が入っています。

大人の肌なら全然問題ない場合でも、思春期の肌荒れしやすい状態だとかゆみや炎症が起きることがあるので注意しなければなりません。

お子さんの若白髪があると人目が気になったり恥ずかしいという悩みを解消してあげたいけど、カラダや髪に悪いヘアカラーはしたくない…。

そんなときこそ使ってみてほしいのが利尻ヘアカラートリートメントなんです。

利尻ヘアカラーは髪の表面に色をつけて白髪を染めるので、普通のヘアカラー剤のように髪の内部まで薬剤をいれる必要がありません。

また通常のヘアカラーよりは染まりが弱く色持ちも悪いですが、その分だけ髪が痛まない&刺激がないので「若白髪対策」としてピッタリなんです。

白髪が染まっても髪が痛んでツヤがなくなったり広がりやすくなるのは嫌ですし、肌が荒れるのも絶対に嫌ですよね。

でも白髪は染めたい…という半ば無茶な願いをかなえてくれるので、お子さんが若白髪が悩まれているなら1回試してみる価値は十分ありますよー。

利尻ヘアカラートリートメントのブラックは染料が濃いから若い人向け

髪を痛めずに白髪だけを染められる「白髪染めトリートメント」にはたくさんの商品があります。

でも殆どは「染料が薄くて染まりが悪い&染まっても黒が薄い」ので、髪が黒々して健康的な若年層(学生)には向いていません。

ただ利尻ヘアカラーのブラックはかなり青みが強くて黒々しい濃い色に染まるので、白髪ができやすい「黒色が濃くて髪がしっかりした人」にすごく向いているんです。

白髪染めトリートメントの中では一番利尻が「刺激が少なくて黒く染まる」ので、若白髪を染めるのに使うなら利尻がベストですね。

学生さんが利尻ヘアカラートリートメントを使うときの注意点

利尻ヘアカラートリートメントは「白髪染めトリートメント」なので、通常の黒染めよりも色落ちしやすくなっています。

そのため紫外線をがっつり浴びる場所で部活動をする人だったり、よく汗だくになる人だと色落ちに気をつけないといけません。

塩素が入ったプールなんかも一緒ですね。

色が抜けた分はまた染めればいいだけなんですが、汗などで色のついた黒っぽい水が出てしまうと「あの子は白髪染めしてるんだ」と友達にバレてしまいます。

先生は事情を話せば納得してくれると思いますが、友達にバレるのは単純にショックですし恥ずかしいです(汗)

吹奏楽部や合唱部などであれば問題ありませんが、運動部の場合は環境によっては「市販されている通常の黒染め」のほうが色水が出る心配がないので要検討ですね。

↓公式サイトが最安値!1本1,000円割引&2本以上で送料無料!↓

利尻ヘアカラートリートメント公式サイト