白髪染めトリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの副作用と安全性|薄毛や抜け毛でも心配なし

利尻ヘアカラートリートメント 安全性

利尻ヘアカラートリートメントは「敏感肌の方でも使える可能性のある白髪染めトリートメント」です。

通常のヘアカラーとは白髪を染めるためのメカニズム・使用成分が違うので、白髪染めの副作用である「肌荒れリスク」がかなり少なくなっています。

そして頭皮に与える刺激も少ないので、薄毛や抜け毛に悩んでいる方でも通常のヘアカラーより安心して使用できるようになっています。

ヘアマニキュアなどのように100%安全とは言えませんが、自宅で簡単に使えて安全性が高いので使ってみる価値はありますよー。

↓こちらの記事が一番よく読まれています↓

【色見本】利尻ヘアカラートリートメントの色選びと使い方口コミ!白髪染めは利尻一択!

利尻ヘアカラートリートメントにはジアミン配合のヘアカラーのような副作用がない

利尻ヘアカラートリートメントには強い副作用がありません。

それは通常の白髪染めに含まれている「パラフェニレンジアミン・アルカリ剤」といった刺激物が入っていないからです。

特にジアミンはアレルギー成分として世界中で知られていて、ヘアカラー剤への使用が禁止されている国もあります。

日本ではまだ一般的に使われている状態ですが、ほんとはかなりカラダに悪い物質なんですよね。

利尻ヘアカラートリートメントにはジアミン(酸化染料)が入っておらず、カラダに害のない極低刺激な染料が配合されています。

その分だけ1回の白髪染めでバシッと濃くは染まりませんが、何度か染めることで白髪が染められるので「少し手間をかければ体をいたわりながら白髪染めできる」わけです。

白髪染めでかゆみ・肌荒れの症状が出る人でも低刺激&アレルギー成分なしで使いやすい

私は元々肌が弱くてヘアカラーやパーマをすると頭皮がかゆくなる&赤く炎症していました。

酷い湿疹などはできたことがありませんでしたが、それでも染めるたびに頭皮の状態が悪くなると思うと嫌でしたね(汗)

そんな私でも利尻ヘアカラートリートメントなら刺激も感じず肌荒れも出ていません。

どんな人でも絶対に大丈夫とは言い切れませんが、比較的肌が敏感で荒れやすい人でも使用できるのは嬉しいかぎりです。

特に肌のターンオーバーが乱れがちな40歳以上の方だったり、肌荒れしやすい時期の思春期の若白髪などにおすすめだなと思っています。

薄毛や抜け毛が気になっている方でも低刺激だから安心して使える

女性は「40歳ぐらいから薄毛や抜け毛に悩むことが増えてくる人が多い」と感じています。

女性ホルモンの分泌量が減ってホルモンバランスが変わってくる「更年期」に入ると、髪が薄くなりやすいんですよね。

髪の成長は女性ホルモンが大きく関わっていると言われていて、

  • 女性はホルモン分泌量が減る40歳前後から薄毛が進行しやすい
  • 男性はもともと女性ホルモン量が少ないからハゲやすい

という専門家の意見がちらほら見受けられます。

科学的根拠はまだ未解明ですが、私が昔美容師をしていたときに「50歳ぐらいの薄毛に悩んでいるけど髪が白いとさらに髪が少なく見えるから染めないといけないけど染めるとさらに薄毛に…」という負のループに陥ったお客様が沢山いらっしゃいました。

今なら「利尻ヘアカラーで染めつつ頭皮ケアをしていけば太い髪も増えるし毛穴1つから1本じゃなく2~3本生えてくるし改善できるのに…」って思います。

薄毛や抜け毛の根本メカニズムはまだ解明されていませんが、頭皮が乾燥していたり皮脂が詰まっていたり炎症が起きたりして「ターンオーバーが正常にできていないこと」が原因だと言われています。

野菜を育てるときも畑の土に栄養がなかったり荒れ果てているといい食物は育たないですよね。それと同じだと思うんです。

なので、髪の太さや本数・ハリコシ・抜け毛に悩んでいるからこそ「頭皮に悪影響を与えない利尻ヘアカラーで染めるべき」なんです。

通常のヘアカラーで白髪を染めれたとしても髪の毛が少なかったり元気がなかったら元も子もありません。

それに白髪は染めればいいだけですが、一度失った髪の毛や頭皮環境はすぐに改善できないので、髪色よりも頭皮環境を重視すべきだと思っています。

一番は「なにも白髪染めしない」のが頭皮にいいのですが、さすがに白髪を伸ばしっぱなしは無理なので利尻ヘアカラーを上手に活用して欲しいかぎりです。

ただし利尻ヘアカラートリートメント=100%安全ではない

最後に誤解のないようにお伝えしておきます。

利尻ヘアカラートリートメントは100%安全に使用できるわけではありません。

いくら低刺激の染料&無添加処方&植物成分が殆どといっても、やっぱり刺激はありますし、肌が荒れてしまう方もいらっしゃいます。

通常のヘアカラーよりは「髪や頭皮へのダメージが限りなく少ないし副作用のリスクも少ない」ですが、刺激0ではないんです。

なので、安全性の高い利尻ヘアカラートリートメントであっても使用前には必ず「パッチテスト」を行いましょう。

私は肌がかなり強いから全然問題ないやろ!っていう方ならしなくても大丈夫ですが「肌荒れする可能性は少しあるかも…」という方はパッチテスト必須です。

パッチテストは「腕の内側のような皮膚の弱いとこに薬液を薄く塗って事前に反応をみるもの」です。

本来は何時間も置いて反応を見るんですが、さすがに面倒くさくて私もそこまでやったことはありません(笑)

利尻ヘアカラーの基本的な放置時間は30~40分がベストなので、それと同じぐらい置いてみて「炎症や肌荒れが起きなければセーフ」かなと思っています。

どれだけ安全性の高い白髪染めでも「結局肌が荒れて困るのは自分」なので、あまり過信せずにパッチテストを行ってみてくださいね。

↓公式サイトが最安値!1本1,000円割引&2本以上で送料無料!↓

利尻ヘアカラートリートメント公式サイト